読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめまして、くじです。
新旧映画の感想を、トレンドに関係なく吐き出すブログです。
好みがだいぶ偏っていますので(一部腐ります)、暖かい目で見ていただけると助かります!


では、早速ベン・アフレック主演「ザ・コンサルタント」感想です↓

まずはじめに率直な感想を言わせていただくと、
本当に面白かった!!!
★5つ評価であれば5つ星!!!!


・ストーリー
高機能自閉症である主人公が会計士という職業の傍ら人を殺しまくるっていうお話なんですが、そこまで無理なくお話ができているな~と思いました。
序盤にバンバン出した伏線も、中盤以降ではキッチリ回収し、うまく収めている。
アクション映画ならではの多少の「?」が残るものの、逸脱したストーリーではないので、純粋に楽しめます。
というより、小ネタというか小ジョークが個人的にツボにハマりまくってしまい、
「ここ笑うとこじゃないのか?違うの?!」と劇場で一人悶絶しておりました。
デカイ図体のオッサンが人とのコミュニケーションの取り方がわからず、
右往左往(表には出さないけど、心の中ではきっとそう)している部分は、見ていて本当にかわいらしかったし、ベン・アフレックすごいなーと思いました。
個人的にベン・アフレックは表情を出さなくても演技できる俳優であると思っているので、この配役はうってつけだったと思います。

 

・アクション

アクションシーンがものすごくカッコいい。
数百メートル先の的をライフルで狙い百発百中、

肉弾戦になればシラットを駆使し撃破!
あんなに激しい戦闘をしたのに表情は常に無表情!笑
主人公クリスチャンが依頼先の社員であるデイナ(アナ・ケンドリック)を

救出にいったあとに、「逃げるぞ」とだけ言うシーンがあるのですが、

そこでたぶんアナと目があっていません笑
普通、こんなシーンだったら、
 →主人公「行くぞ!何モタモタしてるんだ!」女の腕をガッと掴み誘導
 →  女「怖かったわぁぁあ」もしくはむせび泣く
みたいな流れが入っててもおかしくないかな~と思うんですけど、一切ない。

気持ちいい。
自閉症故のコミュ障発動したんだと思いますし、クリスチャンにとっては助けに行くこと自体今までにない行動だったのに、
過剰なリアクション(演技)を徹底的にしないっていう判断がとても光っていて印象に残るオモシロシーンでした。

 

 

※※※※※※ここからネタバレ含みます※※※※※※

 

 


そしてラストシーンのあの展開は本当に卑怯!!
心の準備してなかったしそんな腐女子が喜びそうな展開なら言ってくれよ!!!


まあ好きですが!!!!!


弟が幼いころからクリスチャンの補佐というかサポート役として教育されるわけです。
お兄ちゃんイジメる奴がいたら、お手伝いして一緒にシメるし、
格闘技は一緒に習わされるし、
普通に考えて後々出てくるとしたら「俺の青春時代はお前のせいで奪われたんだ!」
つってヒネくれて悪の権化になるとかならわかるんですけど、本作は真逆でした笑

10年ぶりの再会で憎悪が飛び交う殺し合いになるかと思いきや、

「10年間なにやってたんだよ!すげー探したんだぞ!!!」

え…?探してたの…?????????

まさかのお兄ちゃん大好き設定で激しく萌えました。
クリスチャンは弟の所在は完璧に把握していましたが自分から連絡を取らなかった理由については
「お前を危険にさらすことになる。僕の顧客は危ないから…」
それを聞いた弟は、
「俺の顧客も危ないけどな…?」とポカン顔
この弟(ジョン・バーンサル)のキョトン顔が最高にかわいくて間違いなく一番のクライマックスと言えるでしょう。

自閉症故にとりつくろったり嘘ついたりが難しいクリスチャンの本音が見えたと思うと…グッときますね笑

ラストはまったく予想しない展開だったので、いい意味で裏切られ大満足で劇場を後にしました。
そして、パンフレットを買おうと思ったら「完売」の二文字。
まだ公開して一週間たってないのに!てかベンアフ主演映画なのに??!
まあ入荷が少ないのか人気があったのか…(おそらく前者)

 

★まとめ
・とにかくベン・アフレック最高!
・小ネタがあって楽しめる!
・人を見た目(外見/障害)で判断せず、可能性を見つけ出そうとするメッセージ性を感じられる!

 

全然まとまってませんが、これにて感想おわりです。
長々と乱文失礼いたしました!

くじ